ニュース

TOP > ニュース > 平成30年度スーパーコンピュータシステム共同利用課題募集について

平成30年度スーパーコンピュータシステム共同利用課題募集について

2018.02.21

計算科学教育センターでは、スーパーコンピュータシステムπ-VizStudio(SGI UV300)、および3次元立体可視化装置π-CAVEの共同利用課題(教育または研究プロジェクト)を募集します。
平成30年度に新規および継続課題申請を希望する場合は、下記利用申請書をダウンロードし、必要事項を記入の上、メールにて申請して下さい。本年度の共同利用装置の運用は、平成30年3月23日(金)をもって終了となりますので、ご注意ください。

なお、運用開始後6年が経過し、また諸事情により、π-computer(Fujitsu FX10)は、平成30年7月末までの運用とします。4月以降の本装置へのアクセスは原則として継続利用課題のユーザーのみとし、ファイルの移動、バックアップ、π-VizStudioへの移行を主たる用途とします。

また、これまで利用料金の負担の免除をさせていただいておりましたが、来年度から基本料金として、1課題につき年間5万円の課金をさせていただくことになりました。併せてご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

——————————————————————————————————————————————————————————

募集期間: 平成30年2月23日(金)~3月23日(金) →終了しました。※「ユーザーの追加」は随時受付けます。「新規課題申請」については、センター事務局へご連絡ください。(申請先アドレスと同じ)

申請書様式※→コチラ
申請書は全設備共通の様式となっております。

申請先: pi-desk@eccse.kobe-u.ac.jp
※メールの件名(Subject)を「共同利用設備課題申請」として下さい。

【申請書記入上の注意事項】
1) 規定第4条第2項により、申請は本学の教職員に限りますのでご注意ください。
2) 複数の利用者がいる場合には2枚目以降に、1名につき1枚ずつ必要事項をご記入下さい。

※計算科学教育センター共同設備は、計算科学教育センター利用規程に基づき運用されています。詳しくは下記リンク先よりをご覧ください。

※π-VizStudio およびπ-CAVE可視化利用のオンサイトサポートは、月曜から金楊までの平日のみの対応となります。

【利用規程】(規程内、第8条については、基本料金をもって代えさせていただきます。)

 

 

 

 

  • 遠隔講義のご案内
  • シミュレーションスクール・セミナーのご案内
  • π-computer(パイ・コンピュータ)
  • π-VizStudio(パイ・ビズスタジオ)
  • π-CAVE(パイ・ケイブ)
このページのトップへ