π-computerとは

TOP > π-computerとは

π-computer(パイ・コンピュータ)は、国内最大の性能を持つ「京」と同一のアーキテクチャを持つ、スーパーコンピュータです。
計算科学教育センターの共同利用施設のひとつで、大規模シミュレーション技術の教育のために用いられています。

計算サーバ、ログインサーバ、共有ファイルシステム、制御サーバ、ジョブ管理サーバの5つのサーバで構成され、中心部は96個の計算サーバが6次元メッシュ/トーラスインターコネクトTofuによって接続されています。
総理論演算性能は20.2TFLOPS、総主記憶容量は2TByteです。

 

 

※利用申請はコチラ→    申請先: pi-desk@eccse.kobe-u.ac.jp
メールの件名(Subject)を「共同利用設備課題申請」として下さい.   申請書は全設備共通の様式となっております.

※利用規程はコチラ→

※運用方針はコチラ→

 

マシン π−Computer
CPU SPARC64IXfx SPARC64VIIIfx
コア数 16 8
動作周波数 1.65GHz 2.0GHz
L1キャッシュ(コア毎) 命令キャッシュ 32KiB
データキャッシュ 32KiB
命令キャッシュ 32KiB
データキャッシュ 32KiB
L2キャッシュ 12MiB(24way) 6MiB(12way)
ノード チップ数(LSI数) 1個 1個
性能 211.2GFLOPS 128GFLOPS
メモリ容量 32GiB 16GiB
メモリスループット 64GB/s(16コア) 46GB/s(8コア)
ラック 性能 20.3TFLOPS 12.3TFLOPS
  • 遠隔講義のご案内
  • シミュレーションスクール・セミナーのご案内
  • π-computer(パイ・コンピュータ)
  • π-VizStudio(パイ・ビズスタジオ)
  • π-CAVE(パイ・ケイブ)
このページのトップへ