概要・目的

TOP > 概要・目的

次世代シミュレーションを担う研究者・技術者を育てる。

生命、医学、材料、宇宙など、あらゆる分野に活用が期待されるシミュレーション。
神戸大学計算科学教育センターは、シミュレーションを用いた研究教育を推進し、 「将来を見据えた計算科学技術に関する人材育成」のための拠点となることを目指して設立されました。

計算科学教育センター養成すべき人材像

outline-im01

遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎」の配信

計算科学と生命科学、医学・農学・薬学・理工学の学際領域である「計算生命科学」の研究を進めていくための基礎講座として、テレビ会議システムを経由して講義を全国に配信し、シミュレーション手法の知識・技術を広めていきます。

遠隔インタラクティブ講義の配信

遠隔講義についてはこちら

π−computerを用いた研究活動

16台の計算ノードから構成されるピーク性能22.9TFlopsのPCクラスタです。
各計算ノードは,2個のCPU(AMD EPYC 7282,2.8GHz,16コア)と256GiBのメモリを搭載しています。
Linux OS(RHEL)の下,Intelコンパイラが利用可能であり,PBSバッチジョブ環境を提供します。

主な活用フィールド

  • 防災・地球環境問題解決
  • 新エネルギー開発
  • ナノテク・新素材開発
  • 宇宙はじめ様々な科学の謎の解明
  • 新薬開発など

π−computerの利用申請について

集中講義によるシミュレーション・スクール

理化学研究所計算科学研究センター(R-CCS)兵庫県立大学大学院情報科学研究科との連携により毎年8~9月と3月にそれぞれ「KOBE HPCサマースクール(スプリングスクール)」としてシミュレーションスクールを実施し、スーパーコンピュータの利用をめざした演習などを実施します。

シミュレーション・スクールについてはこちら

国際共同研究・国際連携教育

ノルウェーのオスロ大学、米国の南カリフォルニア大学などの関連研究グループと国際共同研究・連携教育を実施しています。学生も参加して国際共著論文の執筆、実習ベースでのシミュレーションワークショップの開催など、幅広い研究活動を行っています。

アウトリーチ活動

統合研究拠点内にあるコンベンションホールなどを活用し、小・中・高校生をはじめ一般の方などへの、シミュレーションへの理解を広める活動を行ってていきます。

このページのトップへ