シミュレーション・スクール

TOP > シミュレーション・スクール > FMO計算法:入門から創薬への応用まで

FMO計算法:入門から創薬への応用まで

FOCUSスパコンでのFMO利用法と”タンパク質-小分子リガンド”複合体のFMO計算のコツとハンズオン講習会

日程 2017年8月3日(木)、8月4日(金)
1日目:10:00~17:00(受付開始 9:45~)
2日目:12:30~17:00(受付開始 12:15~)
場所

公益財団法人計算科学振興財団(FOCUS) 実習室【アクセス

神戸市中央区港島南町7-1-28 計算科学センタービル

ポートライナー「京コンピュータ前」駅より徒歩約3分

対象者 ”タンパク質‐小分子リガンド”複合体のFMO計算に興味をお持ちの方で、以下の条件を満たす方。(使用するPC.ソフトウェア等は当方で準備いたします)

1)ABINIT-MPとBioStation ViewerによるFMO計算に興味のある方
2)FMO計算に興味はあるが、これまでほとんど経験のない方(1日目)
3)ABINIT-MPのインストール手順について知りたい方(1日目)
4)計算法の選び方や、計算が止まった際の対処に不安のある方(2日目)
5)リガンドのフラグメント分割につい、詳しく知りたい方(2日目)
受講料 無料(定員10名)
申込方法

氏名、所属、役職、メールアドレス、電話番号、参加希望日(ご興味に合わせ、1日目午前のみ、午後のみ、などの参加も可能)、及び専門分野(計算科学、創薬・合成化学、構造生物学、その他該当する分野全て)を明記のうえ、下の申込フォームよりお申込みください。【締切】8月1日(火)

先着順にて、事務局よりご連絡いたします。

なお、開催にあたって、参加者情報は講演者に提供されます。

【問い合わせ先】

神戸大学計算科学教育センター事務局:office@eccse.kobe-u.ac.jp

  • 遠隔講義のご案内
  • シミュレーションスクール・セミナーのご案内
  • π-computer(パイ・コンピュータ)
  • π-VizStudio(パイ・ビズスタジオ)
  • π-CAVE(パイ・ケイブ)
このページのトップへ